「大根の底ぢから!」林望著

公開日: 更新日:

 四六時中「食べること」を思い、どこに行っても何を食べるか考え、食への好奇心を欠かさないという著者。

 本書は、そんな著者が、食べ物に関して発揮される驚異的な記憶力と探求心をフルに生かし、飽くなき美味への追求をつづった、おいしいもの尽くしのエッセー集だ。

 登場するメニューは、花びら餅、信州そば、旬のたけのこ、背比べの歌に出てくる「ちまき」、30年物のぬか味噌、白ご飯、梨のピザ、スッポン、キャラメル、アヒルの手のひらなど、よく知られた定番から珍味までびっくりするほど幅広い。表題作「大根の底ぢから」では、雪深い信州で作られる干し大根を取り上げて、その種類の豊富さを解説。

 さらに、その干し大根を水で戻して、ソース焼きそば風にするという自慢の創作料理を紹介している。食べることに本気な著者の筆で描かれる食べ物の数々は、食感から舌に広がる味わいまでが手に取るように伝わってきて、実にうまそう。読んでいるうちに、思わずよだれが垂れそうだ。

(フィルムアート社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る

人気キーワード