「ファーストラヴ」島本理生著

公開日: 更新日:

 アナウンサー志望の聖山環菜は、都内キー局の2次面接を受けていた最中に具合が悪くなり、途中で辞退。その足で父親が講師を務める美術学校へ行き、包丁で父親を刺殺した。逮捕されたとき、「動機はそちらで見つけてください」と言ったことで大きな話題となった。

 臨床心理士の真壁由紀は環菜の半生を本にまとめるよう依頼されるが、偶然にも、環菜の国選弁護人は由紀の義弟で、大学時代に同期生だった迦葉。

 公判を前に、由紀は迦葉の協力の下、環菜やその母親ら周辺の人たちに取材を重ねていく。

 そこから浮かび上がってきたのは、幼い頃から強圧的な父親に押さえ付けられ、それを見ぬふりをして娘の自己責任だと責め立てる母親、両親の愛情を得られないことで自ら罰していく孤独な少女の姿だった。

 自身も家族に問題を抱えている由紀は、環菜の閉ざされた心の闇に光を当て、事件の真相に迫っていく――。

 家族という迷宮がネグレクト、性的虐待といった問題を生み出していく経緯を描いた問題作。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る

人気キーワード