「ファーストラヴ」島本理生著

公開日:  更新日:

 アナウンサー志望の聖山環菜は、都内キー局の2次面接を受けていた最中に具合が悪くなり、途中で辞退。その足で父親が講師を務める美術学校へ行き、包丁で父親を刺殺した。逮捕されたとき、「動機はそちらで見つけてください」と言ったことで大きな話題となった。

 臨床心理士の真壁由紀は環菜の半生を本にまとめるよう依頼されるが、偶然にも、環菜の国選弁護人は由紀の義弟で、大学時代に同期生だった迦葉。

 公判を前に、由紀は迦葉の協力の下、環菜やその母親ら周辺の人たちに取材を重ねていく。

 そこから浮かび上がってきたのは、幼い頃から強圧的な父親に押さえ付けられ、それを見ぬふりをして娘の自己責任だと責め立てる母親、両親の愛情を得られないことで自ら罰していく孤独な少女の姿だった。

 自身も家族に問題を抱えている由紀は、環菜の閉ざされた心の闇に光を当て、事件の真相に迫っていく――。

 家族という迷宮がネグレクト、性的虐待といった問題を生み出していく経緯を描いた問題作。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る