「17×63 鷹代航は覚えている」水生大海著

公開日: 更新日:

 鷹代航はごく平凡な17歳の高校2年生。密かに漫画家を目指しているが、目立ちたくないという消極的な性格。同居している63歳の祖父・章吾は運悪く勤めていた会社をリストラされ、就活しながらジム通いをしているが、人望が厚い陽気なじいさんだった。

 ある夜、航は駅前の駐輪場で章吾が血を流して倒れているのを発見、慌てて近寄ると背後から衝撃を受け、気がつくとベッドの上。しかし、何かがおかしい。なんと航と章吾の体が入れ替わっていた。フツー、入れ替わるんだったらかわいい女の子とだろ、と憤慨する航だが、ともかく章吾を襲った犯人捜しをしなくてはならない。ところが章吾は事件の夜の記憶を失っている。仕方なく、章吾は航の代わりに高校へ通い、航は章吾として高校近くのコンビニに勤め、事件当日の状況を探ることに……。

 性格が正反対の祖父と孫が入れ替わることで、互いに欠けていた部分を補い合いながら、周囲で起こる問題を解決していくという趣向。入れ替わり物のニューウエーブ。

 (祥伝社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る

人気キーワード