• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「17×63 鷹代航は覚えている」水生大海著

 鷹代航はごく平凡な17歳の高校2年生。密かに漫画家を目指しているが、目立ちたくないという消極的な性格。同居している63歳の祖父・章吾は運悪く勤めていた会社をリストラされ、就活しながらジム通いをしているが、人望が厚い陽気なじいさんだった。

 ある夜、航は駅前の駐輪場で章吾が血を流して倒れているのを発見、慌てて近寄ると背後から衝撃を受け、気がつくとベッドの上。しかし、何かがおかしい。なんと航と章吾の体が入れ替わっていた。フツー、入れ替わるんだったらかわいい女の子とだろ、と憤慨する航だが、ともかく章吾を襲った犯人捜しをしなくてはならない。ところが章吾は事件の夜の記憶を失っている。仕方なく、章吾は航の代わりに高校へ通い、航は章吾として高校近くのコンビニに勤め、事件当日の状況を探ることに……。

 性格が正反対の祖父と孫が入れ替わることで、互いに欠けていた部分を補い合いながら、周囲で起こる問題を解決していくという趣向。入れ替わり物のニューウエーブ。

 (祥伝社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る