「17×63 鷹代航は覚えている」水生大海著

公開日:  更新日:

 鷹代航はごく平凡な17歳の高校2年生。密かに漫画家を目指しているが、目立ちたくないという消極的な性格。同居している63歳の祖父・章吾は運悪く勤めていた会社をリストラされ、就活しながらジム通いをしているが、人望が厚い陽気なじいさんだった。

 ある夜、航は駅前の駐輪場で章吾が血を流して倒れているのを発見、慌てて近寄ると背後から衝撃を受け、気がつくとベッドの上。しかし、何かがおかしい。なんと航と章吾の体が入れ替わっていた。フツー、入れ替わるんだったらかわいい女の子とだろ、と憤慨する航だが、ともかく章吾を襲った犯人捜しをしなくてはならない。ところが章吾は事件の夜の記憶を失っている。仕方なく、章吾は航の代わりに高校へ通い、航は章吾として高校近くのコンビニに勤め、事件当日の状況を探ることに……。

 性格が正反対の祖父と孫が入れ替わることで、互いに欠けていた部分を補い合いながら、周囲で起こる問題を解決していくという趣向。入れ替わり物のニューウエーブ。

 (祥伝社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る