「ドラゴンスリーパー」長崎尚志著

公開日:  更新日:

 久井重吾は、神奈川県警捜査1課の元警部補。その取り調べが、脳天に杭を打つような鋭さを持つことから「パイルドライバー(杭打ち機)」の異名を持つ。退職後は県警のアドバイザーを務めているが、かつての上司・諸富が殺害されたとの報が届く。しかも、顔にビニール袋をかぶされ、浴槽に漬けられるという、13年前の少女殺害事件の手口とそっくりだった。

 久井は県警からの要請で、一家3人殺しを共に解決した中戸川俊介巡査部長と組んで捜査に当たることに。

 調べを進めていくうちに、諸富が退職後も、やはり13年前に起きた中国マフィアが絡んだとみられる未解決事件を追っていたことが判明。さらに、その事件には公安も強い関心を払っていたことから、事件は複雑さの度合いを深めていく――。

 元上司の捜査手法を思い浮かべながらその足取りを丹念に追っていく久井。そんな伝説の刑事を憧れの目で見ている若い中戸川。老若コンビが活躍する新機軸の警察ミステリーのシリーズ第2弾。

 (KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る