• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ドラゴンスリーパー」長崎尚志著

 久井重吾は、神奈川県警捜査1課の元警部補。その取り調べが、脳天に杭を打つような鋭さを持つことから「パイルドライバー(杭打ち機)」の異名を持つ。退職後は県警のアドバイザーを務めているが、かつての上司・諸富が殺害されたとの報が届く。しかも、顔にビニール袋をかぶされ、浴槽に漬けられるという、13年前の少女殺害事件の手口とそっくりだった。

 久井は県警からの要請で、一家3人殺しを共に解決した中戸川俊介巡査部長と組んで捜査に当たることに。

 調べを進めていくうちに、諸富が退職後も、やはり13年前に起きた中国マフィアが絡んだとみられる未解決事件を追っていたことが判明。さらに、その事件には公安も強い関心を払っていたことから、事件は複雑さの度合いを深めていく――。

 元上司の捜査手法を思い浮かべながらその足取りを丹念に追っていく久井。そんな伝説の刑事を憧れの目で見ている若い中戸川。老若コンビが活躍する新機軸の警察ミステリーのシリーズ第2弾。

 (KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る