• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ドラゴンスリーパー」長崎尚志著

 久井重吾は、神奈川県警捜査1課の元警部補。その取り調べが、脳天に杭を打つような鋭さを持つことから「パイルドライバー(杭打ち機)」の異名を持つ。退職後は県警のアドバイザーを務めているが、かつての上司・諸富が殺害されたとの報が届く。しかも、顔にビニール袋をかぶされ、浴槽に漬けられるという、13年前の少女殺害事件の手口とそっくりだった。

 久井は県警からの要請で、一家3人殺しを共に解決した中戸川俊介巡査部長と組んで捜査に当たることに。

 調べを進めていくうちに、諸富が退職後も、やはり13年前に起きた中国マフィアが絡んだとみられる未解決事件を追っていたことが判明。さらに、その事件には公安も強い関心を払っていたことから、事件は複雑さの度合いを深めていく――。

 元上司の捜査手法を思い浮かべながらその足取りを丹念に追っていく久井。そんな伝説の刑事を憧れの目で見ている若い中戸川。老若コンビが活躍する新機軸の警察ミステリーのシリーズ第2弾。

 (KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る