• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ASK トップタレントの『値段』」新堂冬樹著

 主人公は、18歳でアイドル誌「ティーン・ブレイク」の「ミス・ティーン・ブレイク」に選ばれ、芸能界に華々しくデビューした優奈。「奇跡の9頭身女子高生」のキャッチフレーズですべてのメジャー誌の表紙を飾り、20歳を越えてからはバラエティー番組にも出演。所属事務所の中でも稼ぎ頭ということもあって、女王様のような扱いを受けていた。

 しかし、優奈に次ぐ有望株の新人・ゆらぎの活躍に追い上げられ、次第に焦りを感じ始める。そんなとき、大手芸能プロダクションの社長から移籍しないかという誘いを受ける。看板モデルになれるという甘い言葉に心を動かされた優奈だったが、それは恐ろしい罠だった……。

 本書は、週刊プレイボーイの人気連載小説を再構成し、書籍化したもの。人気絶頂のグラビアアイドルが、悪徳芸能プロの社長の罠に落ち、超高級デリヘル嬢、AV出演へと転落していく。屈辱をバネに、再びのし上がろうと試みる壮絶な逆襲劇が描かれている。

 (集英社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る