「別れ、のち晴れ」赤川次郎著

公開日:  更新日:

 細川康夫と加津子は4年前に離婚し、今は康夫が16歳の娘・宏枝と、加津子が小学6年の朋哉と暮らしている。普段は連絡を取り合わないのがルールだが、年に1度の「離婚記念日」だけは別だ。

 ところが離婚記念日が近づいたある日、康夫は出世争いに敗れ、編集プロダクションに勤める加津子は作家の原稿を紛失と、トラブルに見舞われる。そんな康夫に社内の20歳の女性が、加津子には28歳の青年が近づいてくる。

 人の顔色を読むことにかけては天才的な宏枝は父親の異変を察知。弟・朋哉と協力して、両親の“恋人”の正体を探ることにしたのだが……。

 家族の再生を描く長編小説。

(徳間書店 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る