「別れ、のち晴れ」赤川次郎著

公開日: 更新日:

 細川康夫と加津子は4年前に離婚し、今は康夫が16歳の娘・宏枝と、加津子が小学6年の朋哉と暮らしている。普段は連絡を取り合わないのがルールだが、年に1度の「離婚記念日」だけは別だ。

 ところが離婚記念日が近づいたある日、康夫は出世争いに敗れ、編集プロダクションに勤める加津子は作家の原稿を紛失と、トラブルに見舞われる。そんな康夫に社内の20歳の女性が、加津子には28歳の青年が近づいてくる。

 人の顔色を読むことにかけては天才的な宏枝は父親の異変を察知。弟・朋哉と協力して、両親の“恋人”の正体を探ることにしたのだが……。

 家族の再生を描く長編小説。

(徳間書店 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る