「失敗図鑑」大野正人著

公開日:  更新日:

 中間管理職による若者評のひとつが「失敗を恐れて、自ら動こうとしない」というもの。自分の子供をそんな若者にしないために、夏休みに一緒に読みたいのが本書だ。

 歴史に名を残した偉人たちの失敗と、その失敗から彼ら彼女らがどうやって復活したかを紹介する異色の人物図鑑である。

 例えば、大谷選手の二刀流の大先輩であるベーブ・ルース(1895~1948)。彼はとんでもない不良少年で、7歳で喫煙、飲酒に加え、警官を挑発するなど、手に負えない悪ガキで、手を焼いた両親に更生施設に入れられてしまう。しかし、7歳から19歳まで過ごしたこの施設で出会ったマシアス神父に野球を教わり才能が開眼。そして19歳のときに、その才能を見いだされ、大リーグにスカウトされた。

 文学史に残る数々の名作を執筆した小説家のドストエフスキー(1821~1881)は、なんとルーレットにのめり込み、出版社に借金までしていたギャンブル狂。

 もしかしたらドストエフスキーはギャンブルを通じて人間のきたない部分を見ることができていたのかもしれないと著者はいう。

 その他、信じられないことだが自分の容姿に大きなコンプレックスを抱いていた大女優オードリー・ヘプバーン(1929~1993)や、奇行が行き過ぎた結果、潜水服を着て演台に立ち、危うく窒息死しそうになった画家のダリ(1904~1989)、支援者が援助してくれた研究資金を遊びに使いきってしまう細菌学者の野口英世(1876~1928)など。20余人の偉人が登場する。

 誰もが知るその偉大な業績の裏で、偉人たちが起こしていた人間くさいエピソードに、ちょっと自信と勇気とやる気が湧いてくるお薦め本だ。

(文響社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る