「絶滅生物図誌」チョーヒカル著、森乃おと文

公開日:  更新日:

 地球に生命が誕生したのは約40億年前。以後、現代まで5度の大量絶滅を経て、多くの生き物が生まれては消えていった。

 本書は、かつてこの地球に存在したが、絶滅した生き物たちを精緻なイラストで紹介する図鑑。

 ご存じのように、すべては海から始まった。5億年前の古生代カンブリア紀の「カンブリア大爆発」と呼ばれる生命史最大のイベントで、生物の多様化と進化が加速。節足動物や軟体動物、脊索動物など、現代につながる生き物たちの大きなグループが出そろった。

 そして、「カンブリアモンスター」と呼ばれる奇想天外の姿をした生き物たちが弱肉強食の世界を海の中で展開し始める。

 その頂点に立っていたのが「アノマロカリス」だ。体長1メートルほどで「奇妙なエビ」という名前のこの生き物はトゲだらけの2本の触手と交互に開閉する二重構造の口で捕食するカンブリア紀の絶対王者。

 同じくカンブリア紀の海に生息していた5つの目とゾウの鼻のような長い触手を持つ「オパビニア」や、三畳紀(2億2800万~1億9960万年前)に前脚を翼に変えて空中に進出した翼竜のひとつ「エウディモルフォドン」など、怪獣ドラマに出てきそうな生き物たちをはじめ、姿はオオカミだがカンガルーなどと同じ有袋類のタスマニア島の「フクロオオカミ」や、ピレネー山脈に生息していた野生のヤギ「ピレネーアイベックス」など、現代になってから絶滅した生き物まで69種の絶滅生物を網羅する。

 今、人間に追われるように動植物たちが急速に姿を消している。科学者たちは、この大絶滅を過去の5つの大絶滅に続く「史上6番目の大絶滅」とみる。過去の大絶滅は生き残った生き物の進化を促したが、6番目の大絶滅はひたすら生物種の数が減少しているだけ。その事実に改めて気づかせてくれるおすすめの書。

 (雷鳥社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る