「最新 進化論キーワード図鑑」池田清彦監修

公開日:  更新日:

 遺伝子操作の技術は知らないうちに日常に浸透し、そう遠くない将来、受精卵に遺伝子操作を加え、親の望む通りの子供をつくり出す「デザイナーベビー」さえ現実化するといわれている。

 こうしたニュースを目にするたび、人類はどこに向かっているのかと考えてしまう。しかし、その問いに答えるには、われわれは一体どこからきたのかという「進化」について知らなければならない。

 初めて科学的に進化を説明しようとしたフランスの生物学者ラマルク(1744~1829年)や、ご存じ、初期進化論を大成したダーウィン(1809~1882年)に始まる進化論は、約200年の歴史を経たが、なぜ進化が起こるかについては、いまだに論争が絶えず、進化論は発展途上の学問なのだ。

 本書は、進化論に関するキーワードを解説したイラスト図鑑。

 地球生命の劇的な進化の引き金になったといわれる「スノーボール・アース」や、約5・5億年前のカンブリア紀に一気に生き物の形態が複雑化し、種の数が増大した「カンブリア大爆発」などの事項をはじめ、突然変異が頻繁に起こっていること、そして変異の大多数は生物にとって有利でも不利でもない中立的な作用しか持たないことを発見して「適者生存による自然選択」というダーウィニズムの根本に一石を投じた日本の進化学者・木村資生(1924~1994年)らの人名まで。190項目を収録(人名21、事項名169)。

 項目はアイウエオ順などではなく、これまでの進化論の発展の歴史が一望できるよう編集されているため、進化論の早わかりハンドブックとして読むのもいい。夏休みも間近、子供たちの質問にすぐ答えられるように常備をおすすめする。

(宝島社 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る