在校生の「生の声」で紹介 有名大学のリアルな姿

公開日: 更新日:

「大学図鑑!2019」オバタカズユキ監修

 この時期、志望の大学に入学したものの、思い描いていたキャンパスライフと現実の間にギャップを感じ、悩んでいる学生も多いのではなかろうか。本書は、そんな先輩たちと同じ轍を踏まないために受験生にお薦めしたい大学ガイドブック。

 美辞麗句が並んだ大学のパンフレットやホームページ、そして類書からでは分からない、それぞれのリアルな大学の姿を伝えることに主眼を置く本書。取材スタッフが各大学に赴き、キャンパスを歩き倒して集めた在校生の「生の声」から分かるその大学の特有の「空気」までを紹介する。

 例えば早稲田大学や慶応義塾大学とともに「関東私大Aグループ」にランクされる上智大学では、キャンパスの狭さまで指摘。学生は「教室間の移動が楽」などと前向きに受け止めるが、正門のすぐ先が裏門という残念さは否定できず、校舎の設備も新旧の差が大きいと容赦ない。学問面では、「法学部は出席を取らずテストだけの評価だが、文学部や外国語学部は出席重視」など、生の情報を紹介。さらに、いろいろな意味での人間パワーにおいて、完全に女性上位だとその学生気質にも言及する。

 この学生気質、何かと話題の日本大学は「学歴コンプレックスに悩んでいる人の割合が多い」などの他にも、「大東大生や国士舘大生よりも覇気がない」(帝京大学)、「全体的には地味でおとなしいキャラクターなのだが、酒をよく飲むのが伝統」(東京経済大学)など、大学側や卒業生からクレームが来そうな直言もズバリ。それだけに他の内容にも信憑性がありそうだ。

 主な国公立大学と東西の私大を合わせて81校を網羅。偏差値や知名度だけを基準にしがちな志望校選びの心強い助っ人になってくれるに違いない。

(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る