「新版 ビールの図鑑」一般社団法人日本ビール文化研究会・一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会監修

公開日:

 連日の猛暑で、一日の終わりに飲むビールがいつもの夏以上に至福の一杯に感じられる。

 ビールは、日本でもっとも飲まれているアルコール飲料だが、「とりビー(とりあえずビール)」という言葉が象徴するように、ワインや日本酒、焼酎などのように銘柄やビンテージ、原料などにこだわる人でも、ビールへのこだわりを持っている愛飲家は意外と少ない。

 どれも似たり寄ったりと感じてしまうビールだが、実は世界には、色、香り、味わい、アルコール度数などが異なる1万種以上ものビールが存在している。そんな知られざるビールの魅力を教えてくれるのが本書だ。

 よくビール用語で「エール」や「ラガー」などと耳にするが、これはスタイルのこと。前者は常温に近い温度で発酵する香り高い「上面発酵」、後者は低温で発酵する「下面発酵」を意味する。他に「自然発酵」を加え、スタイルは主にこの3つに分けられるが、土地土地で新しい進化が次々と生まれている。ビールを正しく知るためには、まずこの「スタイル」を知ることが大切だそうだ。

 その上で、なんと1397年創業というドイツの老舗醸造所の「シュパーテン」、シャンパーニュと同じ製法で造られるベルギーの「ボステールス」、日本を除くアジア最古の醸造所が造るスリランカの「ライオン」など。ヨーロッパからアメリカ、アジア、さらに大阪の姉妹醸造家が造る「箕面ビール」などの日本の地ビールまで。世界各地のビールブランドから厳選した131本を解説。

 その他、紀元前3000年にさかのぼるというビールの歴史から、製造工程、スタイル別に異なる飲みごろ温度、おいしさを引き出すビールのつぎ方などのビールを楽しむための基礎知識まで網羅。

 この夏は、こだわりのビール党に変身しよう。

(マイナビ出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る