「通貨烈烈」船橋洋一著

公開日:  更新日:

 1985年のプラザ会議でのドル安への転換から、87年のルーブル会議での為替安定合意まで。当時のアメリカ・日本・西ドイツ・フランス・イギリスによる5カ国蔵相・中央銀行総裁会議=G5を舞台にした熾烈な通貨外交の内実を描いたノンフィクションの復刻。

 当時、レーガン政権下のアメリカは、日本や西ドイツとの貿易関係が極度に緊張。経常収支の赤字の膨張が止まらず、第1次大戦以来、初めて純債務国へ転落した。各国は財政赤字削減とドル高是正を求めるが、レーガン政権は無策で、世界の貿易制度がきしみはじめていた。こうした状況を背景に、85年9月、国際的な経済政策協調の本格的な試みとしてG5が開催される。

 各国参加メンバーへのインタビューを重ね、その裏側に迫る。

(朝日新聞出版 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る