「通貨烈烈」船橋洋一著

公開日:  更新日:

 1985年のプラザ会議でのドル安への転換から、87年のルーブル会議での為替安定合意まで。当時のアメリカ・日本・西ドイツ・フランス・イギリスによる5カ国蔵相・中央銀行総裁会議=G5を舞台にした熾烈な通貨外交の内実を描いたノンフィクションの復刻。

 当時、レーガン政権下のアメリカは、日本や西ドイツとの貿易関係が極度に緊張。経常収支の赤字の膨張が止まらず、第1次大戦以来、初めて純債務国へ転落した。各国は財政赤字削減とドル高是正を求めるが、レーガン政権は無策で、世界の貿易制度がきしみはじめていた。こうした状況を背景に、85年9月、国際的な経済政策協調の本格的な試みとしてG5が開催される。

 各国参加メンバーへのインタビューを重ね、その裏側に迫る。

(朝日新聞出版 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る