「悪玉伝」朝井まかて著

公開日: 更新日:

 薪問屋・辰巳屋の次男、吉兵衛は、跡継ぎのいなかった父の生家、木津屋を継いだが、放蕩三昧の生活をしていた。ある日、兄の久左衛門が死んだという知らせを受けたが、それは辰巳屋からではなく、遊び仲間の大和屋の使いが知らせてくれたという。訝しく思いながら辰巳屋を訪れると、混乱のきわみだった。

 一人娘の伊波に唐金屋の乙之助を婿に迎えたが、正式な披露目をする前に久左衛門が急死したため、大番頭の与兵衛が店を取り仕切っていた。与兵衛は、吉兵衛が伊波の後見人になるのを阻止しようとする。伊波の話では、どうやら久左衛門の遺書を捏造しようとしているらしい。

 大岡越前、徳川吉宗も巻き込んだ商家の後継争いを描く歴史小説。

(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  6. 6

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る