「悪玉伝」朝井まかて著

公開日: 更新日:

 薪問屋・辰巳屋の次男、吉兵衛は、跡継ぎのいなかった父の生家、木津屋を継いだが、放蕩三昧の生活をしていた。ある日、兄の久左衛門が死んだという知らせを受けたが、それは辰巳屋からではなく、遊び仲間の大和屋の使いが知らせてくれたという。訝しく思いながら辰巳屋を訪れると、混乱のきわみだった。

 一人娘の伊波に唐金屋の乙之助を婿に迎えたが、正式な披露目をする前に久左衛門が急死したため、大番頭の与兵衛が店を取り仕切っていた。与兵衛は、吉兵衛が伊波の後見人になるのを阻止しようとする。伊波の話では、どうやら久左衛門の遺書を捏造しようとしているらしい。

 大岡越前、徳川吉宗も巻き込んだ商家の後継争いを描く歴史小説。

(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る