「悪玉伝」朝井まかて著

公開日:  更新日:

 薪問屋・辰巳屋の次男、吉兵衛は、跡継ぎのいなかった父の生家、木津屋を継いだが、放蕩三昧の生活をしていた。ある日、兄の久左衛門が死んだという知らせを受けたが、それは辰巳屋からではなく、遊び仲間の大和屋の使いが知らせてくれたという。訝しく思いながら辰巳屋を訪れると、混乱のきわみだった。

 一人娘の伊波に唐金屋の乙之助を婿に迎えたが、正式な披露目をする前に久左衛門が急死したため、大番頭の与兵衛が店を取り仕切っていた。与兵衛は、吉兵衛が伊波の後見人になるのを阻止しようとする。伊波の話では、どうやら久左衛門の遺書を捏造しようとしているらしい。

 大岡越前、徳川吉宗も巻き込んだ商家の後継争いを描く歴史小説。

(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る