「銀の猫」朝井まかて著

公開日:

 実母がつくった借金を抱える出戻り25歳のお咲は、3年前から口入れ屋「鳩屋」の世話で「介抱人」として働いている。介抱人とは、身内に代わって年寄りの介抱を助ける奉公人のことで、長寿の町・江戸では重宝される仕事だ。

 ある日、咲に湯島天神下の料理屋・㐂重のご隠居の世話の声がかかった。行ってみると、隠居部屋は暗く、そして臭い。家の者は右半身が動かない隠居の㐂作をきちんと世話していなかった。かんしゃくを起こす㐂作に、咲は辛抱強く言葉を聞き、食事も食べやすいように工夫をする。やがて気力を取り戻した㐂作は、世話をないがしろにした倅夫婦を奉行に訴えると言い出した。(「銀の猫」)

 道楽三昧の隠居に振り回される「隠居道楽」など、切実な江戸の介護事情を背景にした8編の短編連作集。(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る