「阿蘭陀西鶴」朝井まかて著

公開日: 更新日:

 5年前の延宝3(1675)年、おあいが9歳のとき、風邪をこじらせ母が死んだ。幼い弟2人は養子に出され、おあいだけが放蕩者の父と暮らしている。盲目のおあいには養子の口がなかったのだ。だが、おあいは幼いときから母にしつけられ、料理も裁縫も一人前にこなせる。おあいの父は、井原西鶴なる号で世に知られた俳諧師だった。おあいは、何日も家に帰らず、帰るときは取り巻き連中を引き連れてくる父が疎ましくてならない。一人で多くの句を短時間で詠む「矢数俳諧」の興行で名を挙げ、人々からもてはやされる西鶴だが、おあいには、父が際物にしか見えない。

 盲目の娘の視点から江戸の大作家を描いた時代小説。

(講談社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る

人気キーワード