「阿蘭陀西鶴」朝井まかて著

公開日:

 5年前の延宝3(1675)年、おあいが9歳のとき、風邪をこじらせ母が死んだ。幼い弟2人は養子に出され、おあいだけが放蕩者の父と暮らしている。盲目のおあいには養子の口がなかったのだ。だが、おあいは幼いときから母にしつけられ、料理も裁縫も一人前にこなせる。おあいの父は、井原西鶴なる号で世に知られた俳諧師だった。おあいは、何日も家に帰らず、帰るときは取り巻き連中を引き連れてくる父が疎ましくてならない。一人で多くの句を短時間で詠む「矢数俳諧」の興行で名を挙げ、人々からもてはやされる西鶴だが、おあいには、父が際物にしか見えない。

 盲目の娘の視点から江戸の大作家を描いた時代小説。

(講談社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る