「阿蘭陀西鶴」朝井まかて著

公開日: 更新日:

 5年前の延宝3(1675)年、おあいが9歳のとき、風邪をこじらせ母が死んだ。幼い弟2人は養子に出され、おあいだけが放蕩者の父と暮らしている。盲目のおあいには養子の口がなかったのだ。だが、おあいは幼いときから母にしつけられ、料理も裁縫も一人前にこなせる。おあいの父は、井原西鶴なる号で世に知られた俳諧師だった。おあいは、何日も家に帰らず、帰るときは取り巻き連中を引き連れてくる父が疎ましくてならない。一人で多くの句を短時間で詠む「矢数俳諧」の興行で名を挙げ、人々からもてはやされる西鶴だが、おあいには、父が際物にしか見えない。

 盲目の娘の視点から江戸の大作家を描いた時代小説。

(講談社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る