「藪医 ふらここ堂」朝井まかて著

公開日: 更新日:

 おゆんは、父で小児医の三哲の医院で、患者に待ち札を渡したり、処方した薬の名を覚帳につけたりしている。三哲は人一倍の怠け者で、子供以上に手がかかる。界隈では、医院の前庭にあるふらここ(ブランコ)にちなんで「藪のふらここ堂」などと陰で呼ばれるほどだ。三哲は、患者がどれほど待っていようが、構わず診療部屋で世間話に花を咲かせており、おゆんは患者の視線がつらい。宝暦9(1759)年の正月、おゆんが三哲と取上婆(産婆)のお亀と祝い酒を飲んでいると、大店の手代が往診を頼みにきた。店の跡取り息子が高熱を出したが、かかりつけ医が留守で、三哲の医院にたどり着いたらしい。三哲はいやいや迎えの駕籠に乗るが……。

 ふらここ堂の人々の日常を描く人情時代連作集。

 (講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る