「藪医 ふらここ堂」朝井まかて著

公開日: 更新日:

 おゆんは、父で小児医の三哲の医院で、患者に待ち札を渡したり、処方した薬の名を覚帳につけたりしている。三哲は人一倍の怠け者で、子供以上に手がかかる。界隈では、医院の前庭にあるふらここ(ブランコ)にちなんで「藪のふらここ堂」などと陰で呼ばれるほどだ。三哲は、患者がどれほど待っていようが、構わず診療部屋で世間話に花を咲かせており、おゆんは患者の視線がつらい。宝暦9(1759)年の正月、おゆんが三哲と取上婆(産婆)のお亀と祝い酒を飲んでいると、大店の手代が往診を頼みにきた。店の跡取り息子が高熱を出したが、かかりつけ医が留守で、三哲の医院にたどり着いたらしい。三哲はいやいや迎えの駕籠に乗るが……。

 ふらここ堂の人々の日常を描く人情時代連作集。

 (講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る