「ISOROKU異聞・真珠湾攻撃」柴田哲孝著

公開日:  更新日:

 始まりは1937年12月12日。揚子江において、日本海軍機が米国砲艦パナイ号を攻撃して死傷者を出した。

 だが、同艦を敵の偽装船とみなした海軍機の誤爆だった。日本政府はすぐさま米政府に謝罪するが、実はこの誤爆、時の米大統領F・D・ルーズベルトが日本を挑発した策略だった。

 この布石はやがて、孤立主義を掲げる米国が、英国首相チャーチルが苦戦する欧州戦線への参戦という大義名分を得るための、日本を対米宣戦布告へ促す挑発となっていく。

 この日米開戦の鍵を握るのが、連合艦隊司令長官・山本五十六だ。五十六はかねて、万一、米国に戦争を仕掛けるなら、真珠湾を航空隊で奇襲し、在泊している米太平洋主力艦隊を攻撃すべしとの提案をしていた。しかも、ルーズベルト、チャーチル、五十六の3人の間にはあるつながりがあった……。

「下山事件 最後の証言」の著者が、「真珠湾攻撃ルーズベルト謀略説」を中軸に据え、日英米の虚々実々の駆け引きを描いた、日米開戦秘話。

(祥伝社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る