「ISOROKU異聞・真珠湾攻撃」柴田哲孝著

公開日: 更新日:

 始まりは1937年12月12日。揚子江において、日本海軍機が米国砲艦パナイ号を攻撃して死傷者を出した。

 だが、同艦を敵の偽装船とみなした海軍機の誤爆だった。日本政府はすぐさま米政府に謝罪するが、実はこの誤爆、時の米大統領F・D・ルーズベルトが日本を挑発した策略だった。

 この布石はやがて、孤立主義を掲げる米国が、英国首相チャーチルが苦戦する欧州戦線への参戦という大義名分を得るための、日本を対米宣戦布告へ促す挑発となっていく。

 この日米開戦の鍵を握るのが、連合艦隊司令長官・山本五十六だ。五十六はかねて、万一、米国に戦争を仕掛けるなら、真珠湾を航空隊で奇襲し、在泊している米太平洋主力艦隊を攻撃すべしとの提案をしていた。しかも、ルーズベルト、チャーチル、五十六の3人の間にはあるつながりがあった……。

「下山事件 最後の証言」の著者が、「真珠湾攻撃ルーズベルト謀略説」を中軸に据え、日英米の虚々実々の駆け引きを描いた、日米開戦秘話。

(祥伝社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  8. 8

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る