「蹴爪」水原涼著

公開日:

 ベニグノの父、パウリーノは闘鶏場の胴元で、闘鶏で村中の男たちから金をまき上げ、自堕落な生活をしている。村ではハクジンによる殺人事件が起き、不穏な空気が漂う。

 ある日、ベニグノの幼なじみのグレッツェンの鶏、エクエクが闘鶏に出ることになった。足に重い蹴爪をつけられ、熾烈な闘いを繰り広げるが、エクエクは相手の蹴爪で首を裂かれて倒れ、パウリーノがその喉をかき切った。2日後、大きな地震が起き、悪魔よけのために、パウリーノが建設していた祠が倒れた。そして、パウリーノが祠を壊したという噂が村中に広がる。

 ひ弱だったが暴力に襲われて変わっていく、東南アジアの島に住む少年を描く表題作ほか1編。

(講談社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る