「蹴爪」水原涼著

公開日: 更新日:

 ベニグノの父、パウリーノは闘鶏場の胴元で、闘鶏で村中の男たちから金をまき上げ、自堕落な生活をしている。村ではハクジンによる殺人事件が起き、不穏な空気が漂う。

 ある日、ベニグノの幼なじみのグレッツェンの鶏、エクエクが闘鶏に出ることになった。足に重い蹴爪をつけられ、熾烈な闘いを繰り広げるが、エクエクは相手の蹴爪で首を裂かれて倒れ、パウリーノがその喉をかき切った。2日後、大きな地震が起き、悪魔よけのために、パウリーノが建設していた祠が倒れた。そして、パウリーノが祠を壊したという噂が村中に広がる。

 ひ弱だったが暴力に襲われて変わっていく、東南アジアの島に住む少年を描く表題作ほか1編。

(講談社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る

人気キーワード