北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「東の果て、夜」 へビル・ビバリー著 熊谷千寿訳

公開日: 更新日:

 ロードノベルである。語り手は15歳の少年イースト。向かうのは2000マイルも離れたウィスコンシン。旅に同行するのは、13歳の弟タイと、年上のマイケルとウォルター。このロードノベルが異色なのは、旅の目的が殺人であることだ。イーストの叔父フィンがギャング組織のボスで、組織に不利な証言をする男の抹殺を、彼らに命じるのである。さらにその殺人を実行するのが組織の殺し屋タイ。なんと13歳の弟が冷酷な殺人者であるのだ。

 したがって、のどかな旅ではない。年上のマイケルが運転する車で彼らは目的地に向かうのだが、タイは後部座席でずっとゲームをしているだけで、誰とも会話せず、打ち解けようとはしない。彼は兄のイーストとも距離を持ち、というよりも、この兄弟の仲は良くない。いちばん年長のマイケルは、途中でカジノに寄ろうとしたり、女の子をナンパしようとしたりする。つまり、緊張感のかけらもない。そういう一行であるから、トラブルが発生するのは時間の問題といっていい。

 具体的にどんなトラブルが発生するかは、本書をお読みいただきたい。ここで紹介することが出来るのは、この旅で15歳のイーストがすこしずつ成長していくことだ。その意味で、本書はロードノベルであると同時に、一人の少年の内面の成長を描くビルドゥングスロマンだ。余韻たっぷりのラストが味わい深い。いい小説だ。

(早川書房 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る