「うちの旦那が甘ちゃんで」神楽坂淳著

公開日:

 沙耶の夫の月也は、南町奉行所で火盗改方と同じく凶悪な事件に対応する風烈廻方同心を拝命。しかし、根っからのお人よしと、のほほんとした性格で、付き人の小者が呆れて次々と逃げ出してしまう。沙耶は、いっそのこと自分が小者として夫の仕事を助けたいが、月也はいい顔をしない。

 そんな中、市中で押し込み強盗が頻発。他の強盗と違い、一味は少人数で、なぜか金も根こそぎ奪ってはいかない。月也の話を聞くうち、沙耶には犯人の正体がおぼろげながら分かってきた。しかし、確たる証拠はまだない。沙耶は幼馴染みの寿司屋の女将・喜久らの手を借り、独自に情報を集める。

 お人よしの同心としっかり者の妻のコンビが事件を解決する時代連作。

(講談社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る