「うちの旦那が甘ちゃんで」神楽坂淳著

公開日: 更新日:

 沙耶の夫の月也は、南町奉行所で火盗改方と同じく凶悪な事件に対応する風烈廻方同心を拝命。しかし、根っからのお人よしと、のほほんとした性格で、付き人の小者が呆れて次々と逃げ出してしまう。沙耶は、いっそのこと自分が小者として夫の仕事を助けたいが、月也はいい顔をしない。

 そんな中、市中で押し込み強盗が頻発。他の強盗と違い、一味は少人数で、なぜか金も根こそぎ奪ってはいかない。月也の話を聞くうち、沙耶には犯人の正体がおぼろげながら分かってきた。しかし、確たる証拠はまだない。沙耶は幼馴染みの寿司屋の女将・喜久らの手を借り、独自に情報を集める。

 お人よしの同心としっかり者の妻のコンビが事件を解決する時代連作。

(講談社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る