「うちの旦那が甘ちゃんで」神楽坂淳著

公開日: 更新日:

 沙耶の夫の月也は、南町奉行所で火盗改方と同じく凶悪な事件に対応する風烈廻方同心を拝命。しかし、根っからのお人よしと、のほほんとした性格で、付き人の小者が呆れて次々と逃げ出してしまう。沙耶は、いっそのこと自分が小者として夫の仕事を助けたいが、月也はいい顔をしない。

 そんな中、市中で押し込み強盗が頻発。他の強盗と違い、一味は少人数で、なぜか金も根こそぎ奪ってはいかない。月也の話を聞くうち、沙耶には犯人の正体がおぼろげながら分かってきた。しかし、確たる証拠はまだない。沙耶は幼馴染みの寿司屋の女将・喜久らの手を借り、独自に情報を集める。

 お人よしの同心としっかり者の妻のコンビが事件を解決する時代連作。

(講談社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る

人気キーワード