「うちの旦那が甘ちゃんで」神楽坂淳著

公開日:

 沙耶の夫の月也は、南町奉行所で火盗改方と同じく凶悪な事件に対応する風烈廻方同心を拝命。しかし、根っからのお人よしと、のほほんとした性格で、付き人の小者が呆れて次々と逃げ出してしまう。沙耶は、いっそのこと自分が小者として夫の仕事を助けたいが、月也はいい顔をしない。

 そんな中、市中で押し込み強盗が頻発。他の強盗と違い、一味は少人数で、なぜか金も根こそぎ奪ってはいかない。月也の話を聞くうち、沙耶には犯人の正体がおぼろげながら分かってきた。しかし、確たる証拠はまだない。沙耶は幼馴染みの寿司屋の女将・喜久らの手を借り、独自に情報を集める。

 お人よしの同心としっかり者の妻のコンビが事件を解決する時代連作。

(講談社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る