「結婚奉行」辻井南青紀著

公開日:  更新日:

 旗本御家人の家で養子縁組や持参金などが横行。金次第で結婚相手を決める悪習を廃するため、火盗改同心だった新十郎は、「結婚奉行」に任じられる。さっそく大番組頭の有馬家の一人娘・千世から相談事が持ち込まれた。祝言の朝、こつぜんと姿を消した花婿の藤蔵を捜して欲しいというのだ。

 藤蔵は寺嶋道場の跡取りだった。呼び出した道場の当主に話を聞くと、遠い親戚筋にあたる藤蔵とは元服まで会ったことはなかったが、剣の素質と人柄を見て養子縁組を決めたという。藤蔵の出身である東国の外様藩に人を送るが、親戚だという藩士を見つけることができなかった。(「消えた花婿」)

 真面目一筋、猪突猛進の新十郎が、妻や友人らの助けを借りて武家の婚活を助ける時代連作集。

(新潮社 590円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る