「為吉 北町奉行所ものがたり」宇江佐真理著

公開日:  更新日:

 尾張町の呉服屋「摂津屋」の跡取り息子として生まれた為吉が5歳のとき、店が押し込み盗賊に襲われ、両親らは惨殺されてしまう。叔母に育てられた為吉は、紆余曲折を経て17歳で北町奉行所の中間となった。

 6年後、為吉は親しい賄い方の中間・杉蔵から、生家を襲った盗賊集団・青蜥蜴の首領が久しぶりに江戸に現れたらしいと耳にする。やがて、隠密回り同心らの探索で、年を取り体を悪くした首領の栄五郎が、仲間らに見切られ、江戸で医者通いをしていることが分かった。為吉は、栄五郎の捕縛に自ら進んで捕吏として加わる。(「奉行所付き中間 為吉」)

 奉行所で働く役人たちの人間模様を描いた人情時代連作集。(実業之日本社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る