• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「為吉 北町奉行所ものがたり」宇江佐真理著

 尾張町の呉服屋「摂津屋」の跡取り息子として生まれた為吉が5歳のとき、店が押し込み盗賊に襲われ、両親らは惨殺されてしまう。叔母に育てられた為吉は、紆余曲折を経て17歳で北町奉行所の中間となった。

 6年後、為吉は親しい賄い方の中間・杉蔵から、生家を襲った盗賊集団・青蜥蜴の首領が久しぶりに江戸に現れたらしいと耳にする。やがて、隠密回り同心らの探索で、年を取り体を悪くした首領の栄五郎が、仲間らに見切られ、江戸で医者通いをしていることが分かった。為吉は、栄五郎の捕縛に自ら進んで捕吏として加わる。(「奉行所付き中間 為吉」)

 奉行所で働く役人たちの人間模様を描いた人情時代連作集。(実業之日本社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る