「為吉 北町奉行所ものがたり」宇江佐真理著

公開日:  更新日:

 尾張町の呉服屋「摂津屋」の跡取り息子として生まれた為吉が5歳のとき、店が押し込み盗賊に襲われ、両親らは惨殺されてしまう。叔母に育てられた為吉は、紆余曲折を経て17歳で北町奉行所の中間となった。

 6年後、為吉は親しい賄い方の中間・杉蔵から、生家を襲った盗賊集団・青蜥蜴の首領が久しぶりに江戸に現れたらしいと耳にする。やがて、隠密回り同心らの探索で、年を取り体を悪くした首領の栄五郎が、仲間らに見切られ、江戸で医者通いをしていることが分かった。為吉は、栄五郎の捕縛に自ら進んで捕吏として加わる。(「奉行所付き中間 為吉」)

 奉行所で働く役人たちの人間模様を描いた人情時代連作集。(実業之日本社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る