「庖丁ざむらい十時半睡事件帖」白石一郎著

公開日: 更新日:

 福岡黒田藩の要職を歴任してきた十時は、隠居して半睡と名乗る。半分眠って暮らすというシャレだ。しかし、2年前に再出仕を命じられ、総目付に返り咲いた。

 ある日、半睡は息子・弥七郎の江戸土産の鐔(つば)を愛用の刀(差し料)に用いようと、刀剣商の古仙堂に相談を持ち掛ける。尾州信家の鐔は古仙堂も目を見張る逸品だが、絵柄が狛犬(こまいぬ)なので差し料には向かないという。犬侍を連想させるからだ。

 古仙堂は、弥七郎が8両で買った鐔を30両で買い取りたいと言い出す。半睡は断るが、古仙堂から話を聞きつけた御使番の久世や御小姓頭の馬杉らが次々と鐔を譲って欲しいと訪ねてくる。(「鴨と蛤は漁師がとる」)

 藩士の持ち込む相談事を半睡が裁く時代連作集。(講談社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  8. 8

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る