• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「庖丁ざむらい十時半睡事件帖」白石一郎著

 福岡黒田藩の要職を歴任してきた十時は、隠居して半睡と名乗る。半分眠って暮らすというシャレだ。しかし、2年前に再出仕を命じられ、総目付に返り咲いた。

 ある日、半睡は息子・弥七郎の江戸土産の鐔(つば)を愛用の刀(差し料)に用いようと、刀剣商の古仙堂に相談を持ち掛ける。尾州信家の鐔は古仙堂も目を見張る逸品だが、絵柄が狛犬(こまいぬ)なので差し料には向かないという。犬侍を連想させるからだ。

 古仙堂は、弥七郎が8両で買った鐔を30両で買い取りたいと言い出す。半睡は断るが、古仙堂から話を聞きつけた御使番の久世や御小姓頭の馬杉らが次々と鐔を譲って欲しいと訪ねてくる。(「鴨と蛤は漁師がとる」)

 藩士の持ち込む相談事を半睡が裁く時代連作集。(講談社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

もっと見る