• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「寺内奉行検断状」小泉盧生著

 自治が認められている京都の東西両本願寺は、寺内町を治めるため寺内奉行を設置。町外の犯罪人も、寺内町にひとたび足を踏み入れれば、寺内奉行の管轄下に入ったとみなされ、京都所司代から「検断状」の交付を受けた目付によって、どこまでも追われることになる。ある日、寺内奉行目付の荘十郎は、検断状を受け取る。丹波篠山で租税軽減を訴える強訴が起き、藩庁に拒否されたため、江戸に直訴に向かう途中の村人3人が、寺内町の旅籠に逗留中だというのだ。荘十郎は3人を斬るか、追っ手の篠山藩士に引き渡すよう命じられる。3人のうち1人は11~12歳の子どもだという。(「丹波の小壺」)

 人情あふれる寺内奉行目付の荘十郎の活躍を描く時代連作集。(徳間書店 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る