「寺内奉行検断状」小泉盧生著

公開日:

 自治が認められている京都の東西両本願寺は、寺内町を治めるため寺内奉行を設置。町外の犯罪人も、寺内町にひとたび足を踏み入れれば、寺内奉行の管轄下に入ったとみなされ、京都所司代から「検断状」の交付を受けた目付によって、どこまでも追われることになる。ある日、寺内奉行目付の荘十郎は、検断状を受け取る。丹波篠山で租税軽減を訴える強訴が起き、藩庁に拒否されたため、江戸に直訴に向かう途中の村人3人が、寺内町の旅籠に逗留中だというのだ。荘十郎は3人を斬るか、追っ手の篠山藩士に引き渡すよう命じられる。3人のうち1人は11~12歳の子どもだという。(「丹波の小壺」)

 人情あふれる寺内奉行目付の荘十郎の活躍を描く時代連作集。(徳間書店 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る