「孤独の達人」諸富祥彦著

公開日: 更新日:

 豊かな人生を送るための、孤独との向き合い方を説いた心理学テキスト。孤独には3つの様相があり、その1つは、パートナーや友人など必要なつながりを持てずにいるさみしくてつらい孤独だ。この孤独は心身にダメージを与え、生きる力を奪っていく。一方で同じ一人でも「どうせ一人でいるなら、充実したものにしてやろう」と主体的に選択しなおされた「選択的孤独」=「自由と解放の孤独」がある。

 さらに世の中の喧騒から離れて孤独に徹し、一人黙して自己の内面と向き合う「実存的な深い孤独」。この深い孤独は創造のためには不可欠で、この深い孤独においてこそ、少数のごく親密な他者との深いつながりを持つことができるという。 孤独の醍醐味を解き明かす孤独の達人へのススメ。

(PHP研究所 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  4. 4

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  5. 5

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  9. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る