「孤独の達人」諸富祥彦著

公開日:  更新日:

 豊かな人生を送るための、孤独との向き合い方を説いた心理学テキスト。孤独には3つの様相があり、その1つは、パートナーや友人など必要なつながりを持てずにいるさみしくてつらい孤独だ。この孤独は心身にダメージを与え、生きる力を奪っていく。一方で同じ一人でも「どうせ一人でいるなら、充実したものにしてやろう」と主体的に選択しなおされた「選択的孤独」=「自由と解放の孤独」がある。

 さらに世の中の喧騒から離れて孤独に徹し、一人黙して自己の内面と向き合う「実存的な深い孤独」。この深い孤独は創造のためには不可欠で、この深い孤独においてこそ、少数のごく親密な他者との深いつながりを持つことができるという。 孤独の醍醐味を解き明かす孤独の達人へのススメ。

(PHP研究所 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る