「孤独のすすめ」五木寛之著

公開日:  更新日:

 65歳以上の高齢者の割合が4分の1を超えるという超高齢化社会に突入した日本。こうした時代を生きるには、年をとってもなるべく積極的に他人とコミュニケーションをとり、体を動かし、いろいろなことに好奇心を持つ……といったことを称揚することが多い。

 しかし、年をとれば体力も気力も衰える。そういう人に向かって「ポジティブに生きろ」などというのは、残酷なことではないか、と著者は言う。

 むしろ、孤立を恐れず、孤独だからこそ充実した生き方ができると実感する。あるいは減速して生きる、それも無理にブレーキをかけるのではなく、精神活動は高めながら自然にスピードを制御する、そうした生き方をすることが現代人のテーマではないか、と。

 このまま高齢化が進むと若者と老人との階級対立が生じ、「嫌老感」が蔓延する恐れも出てくる。それを見据えながら、いかに「嫌老」から「賢老」へ転換していくのか。「孤独」「減速」「下山」「回想」といった言葉をキーワードに、超高齢化社会を生き抜くための知恵が開陳されている。(中央公論新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る