「選んだ孤独はよい孤独」山内マリコ著

公開日:

 子どもの頃から、なぜか班長や学級委員などの役回りを担うことになりがちな「ぼく」は、入学したサッカーの強豪高校で1年上の先輩たちが素晴らしい成績を叩き出していくのを目撃する。

 全国大会優勝というお祭り騒ぎのなか、強豪ぞろいの先輩がごっそり抜けて代替わりした次の年のことをふと考える。きっと自分がキャプテンに選ばれ、華々しくないメンバーを率いることになる。そう気づいた途端、胃が痛くなってくるのだった……。(「さよなら国立競技場」)

 2008年に「16歳はセックスの齢」で「女による女のためのR―18文学賞読者賞」を受賞して以来、女のリアルを描いてきた作家が初めて描いた、男の「生きづらさ」がテーマの短編小説集。

 男社会の掟にがんじがらめになり、生き方を選べない男たちの生態を鋭い観察力で描写する。妻から突然浴びせられる暴言、本当は言いたくても言えなかった本音など、恐ろしいほど身に覚えのある言葉に遭遇すること必至だ。

(河出書房新社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る