• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「選んだ孤独はよい孤独」山内マリコ著

 子どもの頃から、なぜか班長や学級委員などの役回りを担うことになりがちな「ぼく」は、入学したサッカーの強豪高校で1年上の先輩たちが素晴らしい成績を叩き出していくのを目撃する。

 全国大会優勝というお祭り騒ぎのなか、強豪ぞろいの先輩がごっそり抜けて代替わりした次の年のことをふと考える。きっと自分がキャプテンに選ばれ、華々しくないメンバーを率いることになる。そう気づいた途端、胃が痛くなってくるのだった……。(「さよなら国立競技場」)

 2008年に「16歳はセックスの齢」で「女による女のためのR―18文学賞読者賞」を受賞して以来、女のリアルを描いてきた作家が初めて描いた、男の「生きづらさ」がテーマの短編小説集。

 男社会の掟にがんじがらめになり、生き方を選べない男たちの生態を鋭い観察力で描写する。妻から突然浴びせられる暴言、本当は言いたくても言えなかった本音など、恐ろしいほど身に覚えのある言葉に遭遇すること必至だ。

(河出書房新社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る