「魔女・怪物・天変地異」黒川正剛著

公開日: 更新日:

 1480年ごろドイツに生まれたファウストは、悪魔と契約してこの世のあらゆる知識と特殊な能力を手に入れ、引き換えに24年後に悪魔に自分の魂を譲り渡した人物として知られている。それは森羅万象に関する知識を獲得したいという衝動による行為だった。

 また、1560年ごろから西欧で魔女狩りが激化した。彼女たちは好奇心から魔術を知りたいと考えたとされている。中世から近世にかけて、過度の好奇心で神が人間に知ることを許した範囲以上のことを知ろうとするのは越権行為で、悪魔の領域に入り込むことだと見なされていたのだ。

 天変地異や怪物、悪魔などについての言説を通して、近代的精神がどこから生まれたかを探る。

(筑摩書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る