「魔女・怪物・天変地異」黒川正剛著

公開日: 更新日:

 1480年ごろドイツに生まれたファウストは、悪魔と契約してこの世のあらゆる知識と特殊な能力を手に入れ、引き換えに24年後に悪魔に自分の魂を譲り渡した人物として知られている。それは森羅万象に関する知識を獲得したいという衝動による行為だった。

 また、1560年ごろから西欧で魔女狩りが激化した。彼女たちは好奇心から魔術を知りたいと考えたとされている。中世から近世にかけて、過度の好奇心で神が人間に知ることを許した範囲以上のことを知ろうとするのは越権行為で、悪魔の領域に入り込むことだと見なされていたのだ。

 天変地異や怪物、悪魔などについての言説を通して、近代的精神がどこから生まれたかを探る。

(筑摩書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る