「ヨーロッパの祝祭と年中行事」マドレーヌ・P・コズマン著 加藤恭子ほか訳

公開日:  更新日:

 最近、日本でもハロウィーンで盛り上がっているが、元はケルト族の行事だった。10月は幽霊や精霊、魔女といった超自然的な存在が一番パワーアップし、いちばん寂しい思いをしている時期なので、ハロウィーンのときは精霊に愛や人生についての質問を問いかけるのだ。最近はカボチャでランタンを作るが、アメリカ大陸発見以前はカブなどで作られていた。この日の主役は靴職人の守護聖人、聖クリスピンに扮した客人で、彼にちなんでスリッパ隠しのゲームが行われる。

 ハロウィーンやクリスマスの日に大騒ぎするだけでなく、この本で得たうんちくを家庭や職場で披露するのも一興である。(原書房 2300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る