「古生物学者、妖怪を掘る」荻野慎諧著

公開日: 更新日:

 古い文献に出てくる不思議な生物や怪異な記載は、科学以前の「科学者」である当時の識者が記したもの。それらの文献を古生物学的視点から読み解いた「妖怪古生物学」エッセー。

 日本最古の歴史書「古事記」などにも登場するお馴染みの鬼。誰もがツノのある姿を思い浮かべるが、実在のツノのある動物はすべてが「植物食」で鬼のように獲物に襲いかかるものはいない。7世紀の絵画に描かれた鬼にはツノはなく、どうやら室町時代に作られた「般若」の能面や「百鬼夜行図」などによって鬼にツノがついてしまったと思われると、著者は世の鬼観に訂正を求める。その他、ヤマタノオロチや鵺(ぬえ)、一つ目小僧などを取り上げ、独自の視点からその正体に迫る。

(NHK出版 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る

人気キーワード