「古生物学者、妖怪を掘る」荻野慎諧著

公開日:

 古い文献に出てくる不思議な生物や怪異な記載は、科学以前の「科学者」である当時の識者が記したもの。それらの文献を古生物学的視点から読み解いた「妖怪古生物学」エッセー。

 日本最古の歴史書「古事記」などにも登場するお馴染みの鬼。誰もがツノのある姿を思い浮かべるが、実在のツノのある動物はすべてが「植物食」で鬼のように獲物に襲いかかるものはいない。7世紀の絵画に描かれた鬼にはツノはなく、どうやら室町時代に作られた「般若」の能面や「百鬼夜行図」などによって鬼にツノがついてしまったと思われると、著者は世の鬼観に訂正を求める。その他、ヤマタノオロチや鵺(ぬえ)、一つ目小僧などを取り上げ、独自の視点からその正体に迫る。

(NHK出版 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る