「呪術」初瀬礼著

公開日:  更新日:

 物語のキーワードは「アルビノ」。メラニンが先天的に欠乏する遺伝子疾患がある個体を指し示している。日本語では白子と呼ばれる人々のことだ。

 ツアーコンダクターの麻衣はモロッコで突然テロに巻き込まれる。その後、男たちに襲われていたアルビノの少女ケイコを助ける。麻衣は身寄りのないケイコを伴って帰国するが、魔の手は東京にも迫っていた。

 サハラ以南に残る「アルビノの肉は、幸運や富をもたらす」という迷信を逆手にとって、それを商売にする呪術師の一味に再び襲撃されたのだ。ケイコの肉を執拗に追い求める襲撃者。やがて知ることになるマギオカと呼ばれる呪術師の正体とは? 

 現代によみがえった悪魔との死闘を描くサスペンス。(新潮社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る