• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「呪術」初瀬礼著

 物語のキーワードは「アルビノ」。メラニンが先天的に欠乏する遺伝子疾患がある個体を指し示している。日本語では白子と呼ばれる人々のことだ。

 ツアーコンダクターの麻衣はモロッコで突然テロに巻き込まれる。その後、男たちに襲われていたアルビノの少女ケイコを助ける。麻衣は身寄りのないケイコを伴って帰国するが、魔の手は東京にも迫っていた。

 サハラ以南に残る「アルビノの肉は、幸運や富をもたらす」という迷信を逆手にとって、それを商売にする呪術師の一味に再び襲撃されたのだ。ケイコの肉を執拗に追い求める襲撃者。やがて知ることになるマギオカと呼ばれる呪術師の正体とは? 

 現代によみがえった悪魔との死闘を描くサスペンス。(新潮社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る