「星の文学館」和田博文編

公開日:

 映子は、たまに部屋から歩いて3分の場所に借りた駐車場の車の後部座席で一夜を過ごす。車で寝ると懐かしい記憶が呼び起こされるからだ。8歳の冬、車の後部座席で寝ていた映子が目を覚ますと、知らない間に車は走り出し、運転席には見知らぬ男がいた。文蔵と名乗った男は、映子が乗っていたことに驚くが、車は既に高速道路を走っており、降ろすこともできない。おとなしくしていれば危害を加えないという文蔵を信じた映子は、目的地が近づいたサービスエリアで文蔵と一緒に星を眺める。(三浦しをん著「冬の一等星」)

 ほかに、ハレー彗星と地球との衝突の噂に揺れる日々を描いた内田百聞のエッセーなど、天体をめぐる文学作品を編んだアンソロジー。

 (筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る