「星の文学館」和田博文編

公開日:

 映子は、たまに部屋から歩いて3分の場所に借りた駐車場の車の後部座席で一夜を過ごす。車で寝ると懐かしい記憶が呼び起こされるからだ。8歳の冬、車の後部座席で寝ていた映子が目を覚ますと、知らない間に車は走り出し、運転席には見知らぬ男がいた。文蔵と名乗った男は、映子が乗っていたことに驚くが、車は既に高速道路を走っており、降ろすこともできない。おとなしくしていれば危害を加えないという文蔵を信じた映子は、目的地が近づいたサービスエリアで文蔵と一緒に星を眺める。(三浦しをん著「冬の一等星」)

 ほかに、ハレー彗星と地球との衝突の噂に揺れる日々を描いた内田百聞のエッセーなど、天体をめぐる文学作品を編んだアンソロジー。

 (筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る