宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

“月並み”じゃない「月の満ち欠け」

公開日:  更新日:

「月とこよみの本」林完次著

 秋風に たなびく雲の 絶え間より 漏れ出づる月の 影のさやけさ
(百人一首/左京大夫顕輔)

 身近な天体だというのに、月に関して知らないことが多い。月初の「一日」を「ついたち」と読むのも「月」の振る舞い(「月立ち」)が語源だと、本書を通して知った。太陽暦の今日でも、月の名残はまだまだ消えないようだ。プロフィルによれば「写真家、天文作家。(……)星や月などの天体を地上の風景とともに写した叙情的な作品で独自の世界観を築く」とある。本書もその例に漏れず、著者自身による美しい月の写真をふんだんに使い、科学と文化・芸術の両面から「月とこよみ」の関係を解き明かす。

 全3章構成。1章は「月の基礎知識」。「こよみと旧暦」「月の誕生秘話」「月のプロフィール」などを平易に解説。「29日と12時間44分で地球を一巡りする」こと、英語monthが月の満ち欠けの「1サイクル」が起源であることなど、豆知識が効いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る