「こんな僕でもやせました」桑山哲也、藤田朋子著

公開日:  更新日:

 女優・藤田朋子の夫でミュージシャンの桑山哲也氏は、20歳のときに北海道から上京して以降、暴飲暴食が続き、72キロだった体重が41歳で何と95キロまで増加。妻と2人で出演した健康番組で、腎臓結石に加えて高血圧と動脈硬化が進行していることが明らかになった。

 本書では、大の運動嫌いである桑山氏が、妻に褒められ、励まされながらダイエットに取り組んだ日々の様子がつづられている。

 運動嫌いで筋肉が硬く縮んでいる体の人が急に筋トレを行うと、逆に体の動きが悪くなり代謝が落ちてやせにくくなるという。そこで、筋肉を緩めるストレッチを中心にダイエットを開始。代謝アップに有効なももの裏側や肩甲骨回り、腸腰筋を伸ばすストレッチなども多数紹介していく。

(NHK出版 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る