「こんな僕でもやせました」桑山哲也、藤田朋子著

公開日:  更新日:

 女優・藤田朋子の夫でミュージシャンの桑山哲也氏は、20歳のときに北海道から上京して以降、暴飲暴食が続き、72キロだった体重が41歳で何と95キロまで増加。妻と2人で出演した健康番組で、腎臓結石に加えて高血圧と動脈硬化が進行していることが明らかになった。

 本書では、大の運動嫌いである桑山氏が、妻に褒められ、励まされながらダイエットに取り組んだ日々の様子がつづられている。

 運動嫌いで筋肉が硬く縮んでいる体の人が急に筋トレを行うと、逆に体の動きが悪くなり代謝が落ちてやせにくくなるという。そこで、筋肉を緩めるストレッチを中心にダイエットを開始。代謝アップに有効なももの裏側や肩甲骨回り、腸腰筋を伸ばすストレッチなども多数紹介していく。

(NHK出版 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る