• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「こんな僕でもやせました」桑山哲也、藤田朋子著

 女優・藤田朋子の夫でミュージシャンの桑山哲也氏は、20歳のときに北海道から上京して以降、暴飲暴食が続き、72キロだった体重が41歳で何と95キロまで増加。妻と2人で出演した健康番組で、腎臓結石に加えて高血圧と動脈硬化が進行していることが明らかになった。

 本書では、大の運動嫌いである桑山氏が、妻に褒められ、励まされながらダイエットに取り組んだ日々の様子がつづられている。

 運動嫌いで筋肉が硬く縮んでいる体の人が急に筋トレを行うと、逆に体の動きが悪くなり代謝が落ちてやせにくくなるという。そこで、筋肉を緩めるストレッチを中心にダイエットを開始。代謝アップに有効なももの裏側や肩甲骨回り、腸腰筋を伸ばすストレッチなども多数紹介していく。

(NHK出版 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る