読書エッセー「ホンのひととき」を上梓した女優で作家・中江有里さんに聞く

公開日: 更新日:

 最近は情報報道番組のコメンテーターとしても活躍する、女優で作家の中江有里氏。実は読書家としても知られ、NHK-BSの「週刊ブックレビュー」で故・児玉清さんとともに長年司会を務めた。現在も、新聞やWebに読書エッセーを連載中で、それをまとめたのが「ホンのひととき」(毎日新聞社 1500円)である。「読書は人との出会いと同じ」と言う中江氏。本を読むワクワク感はどんなところにあるのか。

 中江氏は年間300冊の本を読む。読書タイムは移動中や寝る前。新著に記された「読書日記」を眺めると、小説から科学ノンフィクションまで、幅広い。

「本を読むって、人との出会いととても似ていて、いろんな刺激を受け、自分自身が変化するんです。知らなかったことを知るのはもちろん、『あの時、自分が抱えていた感情って、ここに書かれていることじゃないだろうか』って気づかされたり。本から得られるものって、情報とか損得じゃない。いま自分が欲しているものが何なのか。本を読むことで、まだ形や言葉になっていないものが見つかったりする。それがものすごく面白いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  6. 6

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  7. 7

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る