読書エッセー「ホンのひととき」を上梓した女優で作家・中江有里さんに聞く

公開日: 更新日:

 最近は情報報道番組のコメンテーターとしても活躍する、女優で作家の中江有里氏。実は読書家としても知られ、NHK-BSの「週刊ブックレビュー」で故・児玉清さんとともに長年司会を務めた。現在も、新聞やWebに読書エッセーを連載中で、それをまとめたのが「ホンのひととき」(毎日新聞社 1500円)である。「読書は人との出会いと同じ」と言う中江氏。本を読むワクワク感はどんなところにあるのか。

 中江氏は年間300冊の本を読む。読書タイムは移動中や寝る前。新著に記された「読書日記」を眺めると、小説から科学ノンフィクションまで、幅広い。

「本を読むって、人との出会いととても似ていて、いろんな刺激を受け、自分自身が変化するんです。知らなかったことを知るのはもちろん、『あの時、自分が抱えていた感情って、ここに書かれていることじゃないだろうか』って気づかされたり。本から得られるものって、情報とか損得じゃない。いま自分が欲しているものが何なのか。本を読むことで、まだ形や言葉になっていないものが見つかったりする。それがものすごく面白いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  8. 8

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る

人気キーワード