「シックスクール問題と対策」加藤やすこ著

公開日: 更新日:

 無線LANを設置する学校が増えているが、電磁波による被害が懸念されている。災害時に避難所として使われる体育館に設置すると、避難した人が電磁波で体調をくずす恐れがある。

 アメリカでは、嘔吐、睡眠障害、頻脈などの健康被害が出た生徒が、無線LANのない学校に転校するなどの問題が起きている。

 また、化学物質過敏症の生徒が、他の生徒の服から発散される合成洗剤や柔軟剤の匂いで体調不良を起こすという例もある。だが、保健室のベッドの寝具類は合成洗剤で洗うため、保健室に避難することもできない。

 深刻なシックスクールの現状と、その対策を紹介した一冊。

(緑風出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る