「ネット依存症」樋口進氏

公開日:  更新日:

■「人とのつながりを満たしてくれるネット上のオンラインゲームは一度はまると抜けるのが難しい」

 アルコールや薬物依存症の治療で有名な久里浜医療センターには最近、10代の若者と親が訪れることが多くなったという。そこの院長を務め、「ネット依存症治療専門外来」を始めた著者は、こう警告する。

「スマホばかり操作している夫に妻が耐えられず夫婦破綻になるケースもありますが、ネット依存症のほとんどは中学生、高校生であるのが特徴です。本人も周囲も、部屋にこもってゲームに熱中しているだけ、と高をくくって深刻に受け止めないことが多いのですが、成長段階にある彼ら、彼女たちに、将来どのような影響が表れるのか未知数であるだけに、問題は深刻です」

■今のゲームは昔のゲームとは様変わり

 ある少年は、ネットのオンラインゲームに夢中になり、夕食のあとも一晩中やるようになった。朝は眠くて起きられず、学校に行けなくなり、昼間は眠って夜はゲームという生活に陥り、次第に、食事をする時間も惜しくなり、栄養失調になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る