「『教育(超)格差大国』アメリカ」津山恵子著

公開日:  更新日:

 アメリカでは、プレスクール(2~5歳児、保育園・幼稚園)に通ったか通わなかったかで、すでに大きな差が生まれる。進学に必要な複雑な入試プロセスの面倒をみてくれるからだ。しかし、名門プレスクールになると、年間の保育料は日本円で平均200万円、最高は300万円以上にもなる。

 他にも、寮費も含めた授業料が600万円を超える英国式全寮制学校=ボーディングスクールなど、有名大学に入学することが金銭的にいかに大変かを伝える一方で、病んだ公共の教育システムや所得格差による子どもの脳への影響など、格差社会の現実を告発し、その影響を考察する。

 アメリカの教育格差の実態を取材したリポート。(扶桑社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る