• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『教育(超)格差大国』アメリカ」津山恵子著

 アメリカでは、プレスクール(2~5歳児、保育園・幼稚園)に通ったか通わなかったかで、すでに大きな差が生まれる。進学に必要な複雑な入試プロセスの面倒をみてくれるからだ。しかし、名門プレスクールになると、年間の保育料は日本円で平均200万円、最高は300万円以上にもなる。

 他にも、寮費も含めた授業料が600万円を超える英国式全寮制学校=ボーディングスクールなど、有名大学に入学することが金銭的にいかに大変かを伝える一方で、病んだ公共の教育システムや所得格差による子どもの脳への影響など、格差社会の現実を告発し、その影響を考察する。

 アメリカの教育格差の実態を取材したリポート。(扶桑社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る