「本の夢 本のちから」椎名誠著

公開日: 更新日:

 フレデリック・フォーサイスの「悪魔の選択」の冒頭に、アメリカの大統領が自国の監視衛星の映像を見ているシーンが出てくる。それはロシアのウラル地方の小麦畑で、農夫が立ち小便している映像だった。人工衛星がそんなものまで見分けてしまうことに落胆した著者は、ヘディンの「さまよえる湖」を思い出した。湖がさまようことにロマンを感じたのに、それは宇宙衛星時代には意味をなさなくなった。その本に登場する2000年前の失われた砂漠の都市の風景も、NHK「シルクロード」シリーズで見た現実の風景に影響されてしまった。(「辺境地帯の現場読み」)

 探検好きの椎名誠の世界を広げてくれた本の魅力を称えるエッセー。

(新日本出版社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る