「旅先のオバケ」椎名誠著

公開日:

 これまで世界100カ国くらい旅してきた著者だが、中には、科学的に説明できない現象や、ふつうではおよそお目にかかることのない出来事に遭遇したことが少なからずあるという。本書は、そうした不思議な体験をつづったエッセー集。

 例えば、ロシアのニジニーノブゴロドという古都のホテルでの出来事。ベッドで寝ていると、真夜中に、隣室から数人の男たちが暴れているような音が聞こえ、壁に何かを叩きつける音もする。

 翌朝、どんな連中なのかと確かめに行くと、隣には部屋などなく、幅2メートルほどの階段があるだけ。後で聞いたら、そこはポルターガイスト現象が起こるので有名な場所だという。

 あるいはカナダの北極圏では、夜、便意を催してテントの外で用を足していると、そこへ2000匹もの蚊が尻を目がけて襲ってきた!

 そのほか、アウシュビッツの収容所やカンボジアのキリングフィールドで感じた土地の記憶など、多様な「恐怖」がつづられ、一味違ったシーナ・ワールドを堪能できる。

 (集英社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る