「旅先のオバケ」椎名誠著

公開日:

 これまで世界100カ国くらい旅してきた著者だが、中には、科学的に説明できない現象や、ふつうではおよそお目にかかることのない出来事に遭遇したことが少なからずあるという。本書は、そうした不思議な体験をつづったエッセー集。

 例えば、ロシアのニジニーノブゴロドという古都のホテルでの出来事。ベッドで寝ていると、真夜中に、隣室から数人の男たちが暴れているような音が聞こえ、壁に何かを叩きつける音もする。

 翌朝、どんな連中なのかと確かめに行くと、隣には部屋などなく、幅2メートルほどの階段があるだけ。後で聞いたら、そこはポルターガイスト現象が起こるので有名な場所だという。

 あるいはカナダの北極圏では、夜、便意を催してテントの外で用を足していると、そこへ2000匹もの蚊が尻を目がけて襲ってきた!

 そのほか、アウシュビッツの収容所やカンボジアのキリングフィールドで感じた土地の記憶など、多様な「恐怖」がつづられ、一味違ったシーナ・ワールドを堪能できる。

 (集英社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る