• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「旅先のオバケ」椎名誠著

 これまで世界100カ国くらい旅してきた著者だが、中には、科学的に説明できない現象や、ふつうではおよそお目にかかることのない出来事に遭遇したことが少なからずあるという。本書は、そうした不思議な体験をつづったエッセー集。

 例えば、ロシアのニジニーノブゴロドという古都のホテルでの出来事。ベッドで寝ていると、真夜中に、隣室から数人の男たちが暴れているような音が聞こえ、壁に何かを叩きつける音もする。

 翌朝、どんな連中なのかと確かめに行くと、隣には部屋などなく、幅2メートルほどの階段があるだけ。後で聞いたら、そこはポルターガイスト現象が起こるので有名な場所だという。

 あるいはカナダの北極圏では、夜、便意を催してテントの外で用を足していると、そこへ2000匹もの蚊が尻を目がけて襲ってきた!

 そのほか、アウシュビッツの収容所やカンボジアのキリングフィールドで感じた土地の記憶など、多様な「恐怖」がつづられ、一味違ったシーナ・ワールドを堪能できる。

 (集英社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る