「寝ころび読書の旅に出た」椎名誠著

公開日:  更新日:

 読書好きが高じ40年前に「本の雑誌」を創刊、長く編集にも携わってきた氏による本をめぐるエッセー集。

 後に「ひっきりなしに旅するようになった」きっかけとなったのは小学生のときに読んだ「さまよえる湖」(スウェン・ヘディン著)。そこに行きたいという無邪気な夢を三十数年後に実現してから、本で知った先人の壮大な探検や旅の足跡を追っていくというスタイルの旅が多くなったと、その後の本と旅の関係を振り返る。

 その他、世界でもっともつらい仕事ばかりを集めた本や、子供の頃からの疑問に答えてくれた「小さな塵の大きな不思議」(ハナ・ホームズ著)などの目からウロコ本まで。読書と人生のかかわりをつづる。
(筑摩書房 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る