• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「寝ころび読書の旅に出た」椎名誠著

 読書好きが高じ40年前に「本の雑誌」を創刊、長く編集にも携わってきた氏による本をめぐるエッセー集。

 後に「ひっきりなしに旅するようになった」きっかけとなったのは小学生のときに読んだ「さまよえる湖」(スウェン・ヘディン著)。そこに行きたいという無邪気な夢を三十数年後に実現してから、本で知った先人の壮大な探検や旅の足跡を追っていくというスタイルの旅が多くなったと、その後の本と旅の関係を振り返る。

 その他、世界でもっともつらい仕事ばかりを集めた本や、子供の頃からの疑問に答えてくれた「小さな塵の大きな不思議」(ハナ・ホームズ著)などの目からウロコ本まで。読書と人生のかかわりをつづる。
(筑摩書房 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る