「寝ころび読書の旅に出た」椎名誠著

公開日: 更新日:

 読書好きが高じ40年前に「本の雑誌」を創刊、長く編集にも携わってきた氏による本をめぐるエッセー集。

 後に「ひっきりなしに旅するようになった」きっかけとなったのは小学生のときに読んだ「さまよえる湖」(スウェン・ヘディン著)。そこに行きたいという無邪気な夢を三十数年後に実現してから、本で知った先人の壮大な探検や旅の足跡を追っていくというスタイルの旅が多くなったと、その後の本と旅の関係を振り返る。

 その他、世界でもっともつらい仕事ばかりを集めた本や、子供の頃からの疑問に答えてくれた「小さな塵の大きな不思議」(ハナ・ホームズ著)などの目からウロコ本まで。読書と人生のかかわりをつづる。
(筑摩書房 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る