「おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊」椎名誠著

公開日:  更新日:

 キャンプと釣り、そして酒とうまい飯を楽しむために全国津々浦々を巡る親父集団の人気釣行記シリーズ第5弾。

 計画するたびにメンバーの急逝や船の欠航で、たどり着けない新島に今回も嫌われ、会議で5月の目的地は福井県若狭湾に決定。

 これまで日本海への出撃が少ないことに気づいた隊長(著者)の鶴の一声で決まったのだが、当日の朝になって、片道550キロもあると知り、伊豆でもいいんじゃないかと思い始める……。

 当初、10人ほどだったメンバーも今や30人を超える大所帯。富浦や奄美、四万十、そして雑魚の名を返上して無謀にもマグロ釣りやバリ島での大会出場など。個性豊かなメンバーとのハチャメチャな釣り旅は続く。(小学館 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る