• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊」椎名誠著

 キャンプと釣り、そして酒とうまい飯を楽しむために全国津々浦々を巡る親父集団の人気釣行記シリーズ第5弾。

 計画するたびにメンバーの急逝や船の欠航で、たどり着けない新島に今回も嫌われ、会議で5月の目的地は福井県若狭湾に決定。

 これまで日本海への出撃が少ないことに気づいた隊長(著者)の鶴の一声で決まったのだが、当日の朝になって、片道550キロもあると知り、伊豆でもいいんじゃないかと思い始める……。

 当初、10人ほどだったメンバーも今や30人を超える大所帯。富浦や奄美、四万十、そして雑魚の名を返上して無謀にもマグロ釣りやバリ島での大会出場など。個性豊かなメンバーとのハチャメチャな釣り旅は続く。(小学館 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る