「漂砂の塔」大沢在昌著

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、歯舞群島の中の島のひとつ・オボロ島。レアアース目当てにつくられた日中露合弁会社「オロテック」の関係者しかいない、そんな閉ざされた島の海辺で、赴任したばかりの日本人技術者が、両目をえぐり取られた死体となって発見された。島には国境警備隊しかおらず、事件の捜査は放置されたままになっていたが、ロシアが実効支配している島に日本の警察官が表立って捜査に行くこともできない。

 そこで亡くなった社員の代わりの人員として警視庁の石上が潜り込むことに。

 捜査権も、武器もなしで乗り込むことになった石上は、得意のロシア語を駆使して、元KGBの施設長、魅惑的な容貌の女医、ナイトクラブのボスなどと接触を図るが、捜査をしている最中にまるで警告であるかのように何者かに襲われる。果たして任務は遂行可能なのか。そして、事件の真相とは……。

 直木賞、日本ミステリー文学大賞、吉川英治文学賞など、名だたる賞を総なめにしている大人気作家の最新作。離島という閉鎖空間のなかで、丸腰の主人公が危険にさらされながら謎をあばいていくストーリーに手に汗を握る。

(集英社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る