「amazon世界最先端の戦略がわかる」成毛眞著

公開日:

 1994年、インターネット書店からスタートしたアマゾンは、ネット通販の領域をはるかに超えて爆発的に拡大した。2017年度の売上高は約1800億ドルで、前年比30.7%増。進撃は続いている。

 アマゾンは今、どのような事業を展開し、これから何をしようとしているのか。元マイクロソフト社長の著者が、アマゾンのビジネスモデルを通して、世界最先端の戦略をわかりやすく解説している。

 アマゾンはネット通販の巨人にとどまらない。革命的な企業向けクラウドサービスAWS(AmazonWeb Services)という柱を持っている。これは、巨大なサーバーを用意し、その中の多様なシステムをオンラインで企業に提供するサービスで、企業は自前のサーバーを持つ必要がなくなる。実はネット通販事業は赤字で、AWSがその赤字を補い、会社を支えている。

 創業者ジェフ・ベゾスは物理学を学んだ理系人間で、「全ては顧客のために」を旗印に、最先端テクノロジーを駆使した事業戦略を推し進めている。ドローンを使った空飛ぶ宅配、自動運転技術、顔認証機能、翻訳システム……。音声認識技術アレクサはすでに実用化されている。その一方でリアル店舗を拡充、生鮮品の扱いにも乗り出している。生活の劇的変化の裏にアマゾンあり。アマゾンはあらゆる業種の常識を塗り替えつつある。全てのビジネスパーソンが今読むべき一冊。

(ダイヤモンド社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る