「amazon世界最先端の戦略がわかる」成毛眞著

公開日: 更新日:

 1994年、インターネット書店からスタートしたアマゾンは、ネット通販の領域をはるかに超えて爆発的に拡大した。2017年度の売上高は約1800億ドルで、前年比30.7%増。進撃は続いている。

 アマゾンは今、どのような事業を展開し、これから何をしようとしているのか。元マイクロソフト社長の著者が、アマゾンのビジネスモデルを通して、世界最先端の戦略をわかりやすく解説している。

 アマゾンはネット通販の巨人にとどまらない。革命的な企業向けクラウドサービスAWS(AmazonWeb Services)という柱を持っている。これは、巨大なサーバーを用意し、その中の多様なシステムをオンラインで企業に提供するサービスで、企業は自前のサーバーを持つ必要がなくなる。実はネット通販事業は赤字で、AWSがその赤字を補い、会社を支えている。

 創業者ジェフ・ベゾスは物理学を学んだ理系人間で、「全ては顧客のために」を旗印に、最先端テクノロジーを駆使した事業戦略を推し進めている。ドローンを使った空飛ぶ宅配、自動運転技術、顔認証機能、翻訳システム……。音声認識技術アレクサはすでに実用化されている。その一方でリアル店舗を拡充、生鮮品の扱いにも乗り出している。生活の劇的変化の裏にアマゾンあり。アマゾンはあらゆる業種の常識を塗り替えつつある。全てのビジネスパーソンが今読むべき一冊。

(ダイヤモンド社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  2. 2

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  3. 3

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  6. 6

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  7. 7

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  8. 8

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  9. 9

    抜き差しならない安倍・菅対立 最後は内ゲバで自壊の予兆

  10. 10

    警備都合で草木ゼロ「おもてなし」には程遠い選手村の実態

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る