「amazon世界最先端の戦略がわかる」成毛眞著

公開日: 更新日:

 1994年、インターネット書店からスタートしたアマゾンは、ネット通販の領域をはるかに超えて爆発的に拡大した。2017年度の売上高は約1800億ドルで、前年比30.7%増。進撃は続いている。

 アマゾンは今、どのような事業を展開し、これから何をしようとしているのか。元マイクロソフト社長の著者が、アマゾンのビジネスモデルを通して、世界最先端の戦略をわかりやすく解説している。

 アマゾンはネット通販の巨人にとどまらない。革命的な企業向けクラウドサービスAWS(AmazonWeb Services)という柱を持っている。これは、巨大なサーバーを用意し、その中の多様なシステムをオンラインで企業に提供するサービスで、企業は自前のサーバーを持つ必要がなくなる。実はネット通販事業は赤字で、AWSがその赤字を補い、会社を支えている。

 創業者ジェフ・ベゾスは物理学を学んだ理系人間で、「全ては顧客のために」を旗印に、最先端テクノロジーを駆使した事業戦略を推し進めている。ドローンを使った空飛ぶ宅配、自動運転技術、顔認証機能、翻訳システム……。音声認識技術アレクサはすでに実用化されている。その一方でリアル店舗を拡充、生鮮品の扱いにも乗り出している。生活の劇的変化の裏にアマゾンあり。アマゾンはあらゆる業種の常識を塗り替えつつある。全てのビジネスパーソンが今読むべき一冊。

(ダイヤモンド社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る

人気キーワード