「一億円のさようなら」白石一文著

公開日:

 主人公は、52歳の加能鉄平。長年勤めた医療機器の会社をリストラされ、落ちのびるようにやってきた福岡で、父方の祖父が創業した化学メーカーに再就職し、なんとか落ち着いた日々を取り戻していた。

 そんなある日、妻・夏代の留守中に、東京の弁護士からの電話を受け、信じられない妻の秘密を知った。それは、30年前に妻は伯母から巨額の遺産を相続していたということ。一部は株式運用され、現在総額で48億円もあるという。

 結婚して20年、リストラや住宅の購入、子どもの大学進学など、金さえあれば手が打てたことがあったのに、なぜ妻はそんな重大な事実を隠したのか。不信感がにわかに湧き上がった鉄平に、妻は1億円を渡して鉄平の前から姿を消した。

 果たして、鉄平はどんな決断を下すのか……。

「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞を、「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞した人気作家による最新作。思わぬ妻の秘密を知った主人公が、そのことをきっかけに家族や社内の知られざる事実と向き合い、1億円の使い道と共に自分自身の生き方を問い直す様子が描かれている。

 (徳間書店 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る