「地球星人」村田沙耶香著

公開日:

「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した作家の最新作。物語は主人公・奈月の少女時代から始まる。小学校5年生の夏休み、奈月は長野の山村にある祖父母の家を家族と訪れた。

 お盆に大勢集まる親戚の中に、いとこの由宇がいる。2人は秘密を教え合った恋人同士。自分が魔法少女であることを打ち明けた奈月に、由宇は言った。「僕、もしかしたら宇宙人かもしれないんだ」。2人は針金で作った指輪を交換し、誰にも内緒で結婚する。そして約束する。「なにがあってもいきのびること」

 おとぎ話のように始まった物語は、異世界に踏み込んでいく。地球星人が暮らしているのは人間を作る「工場」の中。そこにはぎっしりと人間の巣が並んでいる。恋は繁殖するために人間が作った脳内麻薬で、子宮は人間工場の部品。働いて、結婚して、繁殖するという社会のシステムに馴染めない自分は異星人。そう思ったまま大人になった奈月は、同じ違和感を持つ男と結婚する。恋もセックスもない共同生活。工場側の地球星人たちは、そんな仮面夫婦を許さない。現実にもこんな夫婦は多くいそうでリアル。

 懐かしい山村に逃避した2人は、やはり生きにくさを抱えて大人になった由宇と再会、3人の間に奇妙な絆が生まれる。

 山村に孤立した3人は、生き延びるために何をしたか。ホラーじみた驚愕の結末へと爆走する。

(新潮社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る