「地球星人」村田沙耶香著

公開日: 更新日:

「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した作家の最新作。物語は主人公・奈月の少女時代から始まる。小学校5年生の夏休み、奈月は長野の山村にある祖父母の家を家族と訪れた。

 お盆に大勢集まる親戚の中に、いとこの由宇がいる。2人は秘密を教え合った恋人同士。自分が魔法少女であることを打ち明けた奈月に、由宇は言った。「僕、もしかしたら宇宙人かもしれないんだ」。2人は針金で作った指輪を交換し、誰にも内緒で結婚する。そして約束する。「なにがあってもいきのびること」

 おとぎ話のように始まった物語は、異世界に踏み込んでいく。地球星人が暮らしているのは人間を作る「工場」の中。そこにはぎっしりと人間の巣が並んでいる。恋は繁殖するために人間が作った脳内麻薬で、子宮は人間工場の部品。働いて、結婚して、繁殖するという社会のシステムに馴染めない自分は異星人。そう思ったまま大人になった奈月は、同じ違和感を持つ男と結婚する。恋もセックスもない共同生活。工場側の地球星人たちは、そんな仮面夫婦を許さない。現実にもこんな夫婦は多くいそうでリアル。

 懐かしい山村に逃避した2人は、やはり生きにくさを抱えて大人になった由宇と再会、3人の間に奇妙な絆が生まれる。

 山村に孤立した3人は、生き延びるために何をしたか。ホラーじみた驚愕の結末へと爆走する。

(新潮社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る