「『働き方改革』の嘘」久原穏著

公開日: 更新日:

 安倍政権が進める働き方改革に関する言説には、随所に「ポスト真実」(世論を形成する際に、客観的な事実よりも、感情や個人的信条によりアピールする方がより影響力を持つ状況を示す言葉)が紛れ込んでいると著者は指摘する。一見すると、「長時間労働の是正」や「同一労働同一賃金の導入」など働く人にメリットがあるように見える。

 しかし、その内容は不十分な上に、長時間労働是正とはベクトルが逆の高度プロフェッショナル制度の創設や裁量労働制の対象拡大、雇用流動化への布石がちりばめられており、その実態は働き方改革とは名ばかりで働かせる側の論理で作られた財界主導の「働かせ方改革」だと批判。政権の思惑や策謀を明らかにしながら働き方改革の本質とその危うさを指弾する。

(集英社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る