「『働き方改革』の嘘」久原穏著

公開日: 更新日:

 安倍政権が進める働き方改革に関する言説には、随所に「ポスト真実」(世論を形成する際に、客観的な事実よりも、感情や個人的信条によりアピールする方がより影響力を持つ状況を示す言葉)が紛れ込んでいると著者は指摘する。一見すると、「長時間労働の是正」や「同一労働同一賃金の導入」など働く人にメリットがあるように見える。

 しかし、その内容は不十分な上に、長時間労働是正とはベクトルが逆の高度プロフェッショナル制度の創設や裁量労働制の対象拡大、雇用流動化への布石がちりばめられており、その実態は働き方改革とは名ばかりで働かせる側の論理で作られた財界主導の「働かせ方改革」だと批判。政権の思惑や策謀を明らかにしながら働き方改革の本質とその危うさを指弾する。

(集英社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る