• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「働く女子のキャリア格差」国保祥子著

 経営学者であり、人材育成の仕事にも携わる著者は、ママ友から「出産して時間の制約を受けるようになってから、営業成績が急によくなった」と聞き、目からウロコが落ちる思いをしたという。それを機に育休中の女性を対象に経営勉強会を催したところ大盛況。多くの企業で「女性は出産すると仕事への意欲を失う」と言われているが、育休中の女性の就業意欲はむしろ高く、問題は職場の環境や管理職とのミスコミュニケーションにあることが分かったという。

 働く女性が出産を機に陥りやすいキャリアの落とし穴とそこからの脱却のヒント、女性を生かすことの企業にとってのメリットや課題など、事例を挙げて解説した働き方改革本。

 (筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る