「働く女子のキャリア格差」国保祥子著

公開日:  更新日:

 経営学者であり、人材育成の仕事にも携わる著者は、ママ友から「出産して時間の制約を受けるようになってから、営業成績が急によくなった」と聞き、目からウロコが落ちる思いをしたという。それを機に育休中の女性を対象に経営勉強会を催したところ大盛況。多くの企業で「女性は出産すると仕事への意欲を失う」と言われているが、育休中の女性の就業意欲はむしろ高く、問題は職場の環境や管理職とのミスコミュニケーションにあることが分かったという。

 働く女性が出産を機に陥りやすいキャリアの落とし穴とそこからの脱却のヒント、女性を生かすことの企業にとってのメリットや課題など、事例を挙げて解説した働き方改革本。

 (筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る