「文学はおいしい。」小山鉄郎著、ハルノ宵子画

公開日: 更新日:

 吉行淳之介の「焰の中」に、昭和20年の米軍B29による大空襲前後のことが書かれている。焼け跡に座っていると、知り合いの娘が、小学校に貯蔵されていた鮭缶が空襲で焼けてしまったから拾いに行こうと誘った。友人とその鮭缶で雑炊を作って、数日間むさぼり食べたが、それはその年、最もぜいたくな食事だった。後に書いた「鮭ぞうすい製造法」には、17歳年下の妻と作った鮭雑炊は生臭くて食べられなかったとある。戦時中の鮭缶は地下室に詰め込んで焼夷弾をひと山落として蒸し焼きにしたから生臭さが消えたが、1杯1億円かかっている。鮭缶雑炊は吉行にとって戦争体験とつながる食べ物だった。(「鮭缶の雑炊」)

 食と文学についてのエッセー100余点収録。

 (作品社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る