「文学はおいしい。」小山鉄郎著、ハルノ宵子画

公開日: 更新日:

 吉行淳之介の「焰の中」に、昭和20年の米軍B29による大空襲前後のことが書かれている。焼け跡に座っていると、知り合いの娘が、小学校に貯蔵されていた鮭缶が空襲で焼けてしまったから拾いに行こうと誘った。友人とその鮭缶で雑炊を作って、数日間むさぼり食べたが、それはその年、最もぜいたくな食事だった。後に書いた「鮭ぞうすい製造法」には、17歳年下の妻と作った鮭雑炊は生臭くて食べられなかったとある。戦時中の鮭缶は地下室に詰め込んで焼夷弾をひと山落として蒸し焼きにしたから生臭さが消えたが、1杯1億円かかっている。鮭缶雑炊は吉行にとって戦争体験とつながる食べ物だった。(「鮭缶の雑炊」)

 食と文学についてのエッセー100余点収録。

 (作品社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る

人気キーワード