北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「トム・ハザードの止まらない時間」マット・ヘイグ著 大谷真弓訳

公開日:

 SF叢書の一冊だが、SFを読み慣れていない人も大丈夫なので、安心して読まれたい。主人公は、遅老症にかかったトム。この遅老症というのは、文字通り、年老いる速度が遅いこと。どのくらい遅いかというと、最大で15倍。つまり通常の人間の寿命が70歳とすると、その場合は1000歳を超える。

 不死ではない。銃で撃たれたら死ぬ。ただ、そういうことがない限り生き続ける。物語の柱は、トムが娘を捜していること。はるか昔に一度だけ恋をして(本来は禁止)娘が生まれたのだが、行方不明になってしまったのである。もうひとつは、遅老症はトムだけでなく、彼らの組織があり、その一員になっていること。組織の義務を果たせば十分な庇護を与え、娘の捜索にも力を貸すということで、トムは彼らの組織に入っている。

 その義務とは、新しく遅老症の人間が見つかると組織への加入をすすめること。もしも遅老症が発覚すると、通常の人間たちはその秘密を解明するために切り刻むに違いないと彼らは考える。だから、あくまでも秘密にしていなければならない。自由に振る舞われては困るのである。組織への加入を断る者は殺さざるを得ないほど、その掟は厳しい。

 かくて娘を捜すトムの長い旅が始まっていく。果たしてトムは娘とめぐり合うことができるのか。組織の方針に、トムはいつまで賛同できるのか。物語はスリリングに進んでいくのである。

(早川書房 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る